貸切予約制のハイヤーに関する知識

貸切予約制のハイヤーに関する知識

貸切予約制のハイヤーに関する知識 貸切予約制のハイヤーは、エグゼクティブ層や高級官僚などの移動手段としてよく利用されており、大企業の役員クラスになると、専属のハイヤーをつけることもあります。また、格式の高いパーティーや法事などの際も利用されることが多いです。一方、タクシーは駅前等のタクシー乗り場や、街中の流し、即時配車や無線予約などによって旅客を乗せますが、ハイヤーは貸切予約制であり、流し営業はしていません。

ハイヤーを予約したい場合は、利用日と希望する車種をあらかじめ決めます。ハイヤーサービス窓口に申し込みをする際には、電話やFAXでもできますが、メールや申込フォームから入力することができるようになっているハイヤーサービスもあります。直接電話して申し込む以外の方法としては、予約申込書を自宅のパソコンにダウンロードして様式を出力し、内容を記載してハイヤーサービス窓口にFAXまたはメールします。WEBフォームから申し込みすることもできますが、いずれの方法による申し込みも、ハイヤー会社からの予約を受け付けた旨の確認の連絡があるまでは、予約は成立していません。ハイヤー会社から連絡がない場合は、予約した者から連絡して確認する必要があります。

タクシーを呼んだり、予約したりする場合は、車種の指定や乗務職の指定はできませんが、ハイヤー貸切予約の場合はどちらも可能な場合があります。また、タクシーの場合は車両番号の連絡はなく、車も大体は中型車に固定されています。よって、自宅前に到着しても自分が予約したタクシーかどうか、車両番号からはわからず、直接乗務員に確認するまではっきりしません。

ハイヤーサービスの車種は豊富で、特別仕様の高級車から大型のワゴン車まで全車種から選択することができるというメリットがあります。利用料金については、タクシーの場合は即時配車も無線予約も、迎車回送料金とメーター運賃をあわせた金額ですが、ハイヤーは時間と走行距離による料金体系が構築されています。

一番とも言えるポイントは、海外からのお客様や政財界からの要人などを複数お迎えする際などに有効という点です。大切な人をお迎えし、移動する際に主催者をサポートしてくれる強い味方です。ハイヤーのドライバーはお客様を安全に目的地まで送り届ける運転技術はもちろんのこと、接遇にも優れています。その土地について知り尽くしたドライバーが対応しますので、より効率的なプランや満足できる提案をお客様に提供できます。大事なお客様をもてなす術は習得していますので、車内でのことについてはお任せして安心です。

ハイヤーサービスを利用するにあたり、企業側のメリットはその他沢山あります。まず質の高いドライバーを確保できるという点です。企業側で専属のドライバーを雇って管理、教育するという手間がありません。利用したい時にだけ頼めるため、人件費は最小で済み経済的でもあります。ドライバー採用の際に発生する費用や手間も不要なため、既存社員にとっても便利でありがたいサービスと言えます。また、企業が所有する車ではないため、車の管理やメンテナンス、車検も不要という点も企業側にとっては嬉しいことです。

一度きりの依頼ではなく、平日毎日決まった車とドライバーを頼めるハイヤー契約を実施している会社もあります。これは専属契約となりますので、日ごとに信頼関係が生まれて乗車する側も安心でしょう。こちらはアウトソーシング業務として決まった期間依頼できるため、もし専属のドライバーが急病等の理由で急遽欠席という事態になっても、代理のドライバーを手配する完全稼働制を徹底させるために問題ありません。また、もし乗車する役員がドライバーと相性が悪いという場合はドライバーの交代も可能です。

最新のお知らせ

  • [2020年02月06日]
    ホームページを更新しました。

  • [2020年02月06日]
    運営者情報を追加しました。